骨粗しょう症

当院の特徴
患者様の希望と医師の目標を一致させる
理学療法士
骨粗鬆症マネージャー在籍
ステロイド性骨粗鬆症を予防する治療
骨折予防

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症

検査について

治療について

食事療法

骨の再生に必要な骨の主成分となるカルシウムやたんぱく質などの栄養素が含まれるビタミンD・Kを積極的に摂取していき、栄養バランスのとれた食生活を心がけていきます。

運動療法

運動は体重の負荷をかけるなどして骨を丈夫にするという効果が期待できます。その内容については強度にする必要はなく、適度な負荷が骨にかかる程度で充分です。具体的には、ウォーキングやジョギングなら1回30分程度で充分ですが、日常生活に取り入れるようにしてください。

薬物療法

骨粗しょう症と診断されたら、生活習慣の改善と共に行います。使用されるのは、骨の破壊を抑制する薬(ビスフォスフォネート製剤やSERMなど)、骨の材料を補う薬(カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などです。

当院では、DEXA(全身型骨密度測定器)で正確に骨密度を測定し、骨密度が減少している患者様には骨粗しょう症マネージャーが食事、生活などを指導し、医師が適切に治療をいたします。

院長
吉田 智彦
診療科目
リウマチ科、膠原病
電話
03-3370-5100
住所
〒151-0053
東京都渋谷区 代々木2-10-8
ケイアイ新宿ビル8F
最寄駅
JR新宿駅 南口徒歩3分
京王線・都営新宿線 新宿駅
4、5、6番出口徒歩2分

診療時間

休診日:土午後、日・祝
  診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~18:30
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 03-3370-5100