高尿酸血症(痛風)

当院の特徴
患者さまの希望と医師の目標を一致させる
リウマチ専門医
生活習慣病

高尿酸血症とは

高尿酸血症(痛風)
  • 血液中には尿酸が含まれています。尿酸は水に溶けにくい性質で、これが血液中で増えるようになる(溶けなくなる)と尿酸塩という針状の結晶になっていきます。そして尿酸塩がたくさんできるようになって、関節(とくに足の親指の付け根付近)に留まるようになると関節付近に激痛を伴う炎症発作が起きます。これを痛風発作といいます。
  • 痛風発作が現れるまで自覚症状は現れませんが、健康診断などで行う血液検査で血清尿酸血値が7.0mg/dLを超えている場合に高尿酸血症と診断され、この状態はいつ痛風発作が起きてもおかしくありません。
    高尿酸血症の患者さまで症状がないからと放置が続けば、痛風結節、尿路結石、慢性腎臓病などの腎障害、心筋梗塞などの心疾患を併発させることになりますので、高尿酸血症と診断を受けたら治療を受けるようにしてください。
  • また発症の原因、いわゆる尿酸が血液中に増えてしまう原因については、尿酸が体内で多く産生するケース(先天的な代謝異常、造血器疾患、アルコール、肥満 等)と尿酸の排泄が悪い(遺伝的に尿酸が排出されにくい 、アルコール、無酸素運動のしすぎ、腎不全、脱水、等)、もしくは体外から尿酸が取り込まれる(尿酸の元となるプリン体を多く含む食品(レバー、青魚の干物、エビ、魚卵 など)の過剰摂取 など)といったことが考えられます。

治療について

  • 治療に関しては、主に尿酸値を下げるための治療と痛風の発作を治めるための治療があります。
  • 尿酸値を下げることが目的の場合は、まず生活習慣の改善(食事療法、運動療法)をしていきます。食事面では、野菜、海藻、きのこ、豆類といった食品を積極的に摂取し、減塩もしていきます。さらにプリン体を多く含む食品は避け、尿酸値を上昇させるお酒も控えるようにします。このほか水分を十分にとって、体内にある尿酸を尿と一緒に排出していきます(尿量が1日2000mL以上になるようする)。また肥満の方であれば体重を落とすことで尿酸値が下がるようになるのでこれも実践します。その内容は、息がやや弾む程度の有酸素運動(ウォーキングやサイクリングを1回30分程度)で充分ですが、日常生活に取り入れるようにしてください。なお過剰な無酸素運動は尿酸値を上げてしまうので逆効果です。さらにこれらに併せて、尿酸値を下げる治療薬(尿酸の生成を減らす効果がある薬、尿酸の排出を増やす薬)による薬物療法も行っていきます。
  • また痛風の発作を抑える治療は、NSAIDs、ステロイド、コルヒチンなどを使用する薬物療法となります。これによって痛みや腫れなどが治まった後に続いて尿酸値を下げる治療となります。
  • 当クリニックでは、東京女子医科大学リウマチ痛風膠原病センターの医師が外来を担当していて、適切に診断、治療を行います。
院長
吉田 智彦
診療科目
リウマチ科、膠原病
電話
03-3370-5100
住所
〒151-0053
東京都渋谷区 代々木2-10-8
ケイアイ新宿ビル8F
最寄駅
JR新宿駅 南口徒歩3分
京王線・都営新宿線 新宿駅
4、5、6番出口徒歩2分

診療時間

休診日:土午後、日・祝
  診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~18:30
専門外来
 
午前 膠原病・漢方(隔週) SLE外来 脊椎関節炎・血管炎外来 リウマチ妊娠外来 膠原病・リウマチ 膠原病・リウマチ
午後 膠原病・リウマチ 膠原病・リウマチ 膠原病・リウマチ 膠原病・リウマチ SLE外来  
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 03-3370-5100